【参加者募集】痛チャリグランプリ ~さぁ、世界中を驚かせよう~

ita_chari_image

応募用紙はコチラから>>>ita_chari_bosyu

●開催期間:12/2~12/3
●会場:くまフェス会場内
●募集台数:50台
●イベント保険料:500円

●募集項目
全国各地の痛チャリオーナーの皆様
車種の規定はありません!
※一部イラストには制限をかける場合があります。刺激が強すぎるのは子供達が見てるのでごめんなさい・・・・

●申し込み方法
くまフェス実行委員会 info@kumafes.comまでお申込用紙をメールにてお送りください。

●展示スペース
範囲:150cm×100cm
スタンドは参加者各自でお願いします
車両以外の展示は展示範囲を越えなければOK
※1 原則フラッグなどはフラッグ全体が風が吹いても範囲内に入っていること
   また、フラッグを設置する場合には旗立台を準備が必要。
地面へ刺しての設置はできません!
※2 つまり、他の参加者の迷惑になる展示は禁止です!!
可能であれば、展示スペースの中や、車体に
【さあ、世界中を驚かせよう】
のフレーズを掲示して一致団結!

●グランプリ方法
①参加車両の中からお気に入りの3台を選び
②投票エリアにある投票BOXの中から選んだ3台のBOXに投票
③1~3位はその栄光を称え、商品をプレゼント

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
子供の頃や、今でもこう考えたことはないか?
「世界を変えてみたい」
多くの人は、あまりにも大きく・ざっくりしていて途中で馬鹿らしくなり
「どうせ自分には出来ない」と考えてしまうだろう。
しかし、ここで今一度「世界を変える方法」を考えてほしい。

・ダーウィンの進化論
・エジソンによる様々な発明
・ライト兄弟の飛行機の発明

などなど、世界を変えた物語には様々なものがある。その共通点はなにか?
それは「多くの人を驚かせた」ことだと思う。
そして、その「驚き」は「感動」から生まれてくると考える。
感動を伝えるには自分が感動していなければならない。
第一フェーズ:自分が感動する
第二フェーズ:他人が感動する
第三フェーズ:感動が驚きに変わる
これが世界を変える方法だと思う。

今回 痛チャリグランプリ に参加される皆さんは、自転車やアニメへの感動が溢れ出し痛チャリという形で表現している方々だ。この段階で第一フェーズは完了。
今回のグランプリは、痛チャリオーナーさんと観客を身近にすることで感動を伝える場所を作り、身近に感じることで感動が驚きに変わる場所を作りたいと思っている。さらには多くのオーナー様に集まってもらうことで、オーナー様同士の感動・驚き、圧倒的なスケールによる驚きを作り痛チャリという文化の発展へ。
さらには日本から痛チャリを通して世界を変えたい。
そのためには数多くのオーナー様に熊本の地に集まっていただきたい。

さぁ、世界を驚かせよう。

主催
グランド12
PAGE TOP